いつも楽しくありたいね〜釣りをしよう!〜

アクセスカウンタ


GyoNetBlog ランキングバナー

zoom RSS 100円エギの実践対応化

<<   作成日時 : 2016/03/01 01:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、某100円ショップ代走のエギに凝ってます。

それでも、メインエギはあくまでもDaiwaのダートUなんですが、私のホームは地磯で水深もさほど深くなく、さらに根が意外と激しい地形にある為、積極的な攻めを行うとエギの帰還が途絶えてしまう。
そのため、回収率UPを狙ってメインPEは0.8号、リーダーは2.5号〜3号とライト化している昨今のシステムからすると、かなり太めのシステムを組んでいます。
100円エギは、サーチを絡めタイトな攻め用として投入しています。

さて、本題の100円エギの実践化に移ります。

グルーガン。
これまで、腹側の布の合わせ部は2液性接着剤を使用してましたが、試しにグルーガンでも実験的に行ってみようと思います。
グルーガンがうまくいけば、補修も接着剤より簡単・短時間で完成すると思います。
ちなみに、二液性エポキシ接着剤も100円ショップで調達可能なので、こちらでもOK。
おそらく、グルーガンより頑丈になると思いますが、今回はグルーガンで行いたいと思います。
画像

ちなみに、代走の100円エギですが、意外とパッケージは凝ったものに感じます。
針が付いていますので、PET材のケースに入っていますが、その中の台紙が以外とちゃんとしています。
ペラペラの紙が敷いてあるだけではなく、山折された台紙にエギが斜めにパッケージされてます。
パッケージの印象ははメーカー品と見劣りしない感じで、印刷のインクがやや安っぽく、鮮明さが若干劣る感じです。
画像

印刷物もそれっぽい内容が記載されているとともに、ちゃんとアオリイカをイメージさせるイラストまで・・・
今の100円ショップの品物は一昔前のいかにも100円というパッケージから、見栄えもよくなり購買欲をそそるものになっています。
その購買欲にそそられて、イカの前に私がエギに釣られてしまいましたがネ。(笑)
画像


画像


さて、エギの腹の補強です。
今回は、冒頭でも記載した通り、手軽に作業が行えるグルーガンの試します。
ちゃちゃっと作業完了
画像


てなわけで、作業終了。
今回、大人買いで10本ほど入手ちゃいました。
それでも1080円ですから、メーカーエギであれば2本には少しお金が足りない状況ですから、お得感は満載ですよね?(笑)
そして10本の作業時間は30分程度。
グルーガンさまさまって感じです。
時間があれば、お知りに夜光テープを貼るのもアリです。
夜光テープも100円ショップに売ってます。

100円ショップも「代走」や「できます」、「競亜」などいろいろとありますが、私が知る限り釣り具があるのは、代走のみ。
元祖100円ショップといえる代走ならではといったところでしょうか?
代走には今回のエギの他、メバルのワームやメタルジグ、ミノー系ハードプラグもありますし、サビキ仕掛け等々色々あります。
今度皆さんも見て試してみてはいかがでしょうか?

さて、次回の釣行では100円エギをはじめから最後まで使い通して、釣れた写真を載せられるように頑張ります。
もっとも、イカに100円エギであるか?1000円エギであるかは見分けは着かないでしょうけどね。(笑)

GyoNetBlog ランキングバナー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ケンケイパパへメッセージ

Powered by NINJA TOOLS
ロックフィッシュ特集 エギング特集 メジャークラフト特集 バッカニア特集 ジール特集 ラパラ特集 ↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村
100円エギの実践対応化 いつも楽しくありたいね〜釣りをしよう!〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる