メバリングで2週連続涙の惨敗。

前日の風がおさまり、子供からメバルの刺身リクエストの応えるべく、深夜釣行。

リベンジをはたす為、前回釣行した佐島の隣の芦名港へ。

前回は、やや濁りがありましたが、今回は水も澄んでおり、イイ感じに海草も漂っておりこ今回こそ、ここでゲットをと意気込みました。

基本的に、海草まわりをギリギリにワームをトレース。
海草は、ヒジキのようなタイプなので、引っかかってもロストは無い状況。
前回釣行時地元のアングラーより、教科書通りではありますが、海草を怖がらず狙うと良いと教えてもらったので、忠実に実行。

しかし、どのレンジを流しても反応なし。
さらに、ワームを色々変えても反応無し。
何度、移動しようかと思いながらも、リベンジを果たしたい!という気持ちから結局2時間半も粘り、時計も深夜2時30分。
やめようと思ったら!

根かかりでラインブレイク。(涙)

PEにリーダーをセットしたのですが、ヘッドライトの明かりと手もぎこちなくうまく結束できず、時間だけが過ぎる状況。

状況に変化も無く、エサ釣り師の方も今日は反応が無いとの事で、時刻は3時。
大移動を結構。
実績もありホームグラウンドの金沢区福浦へ移動。

ところが、いいところは戻りカレイ狙いの投げ師竿が入っており、ワームを投げると迷惑をかけそうな状況。

という事で、泣く泣く納竿。

事もあろうか、2回釣行連続のノンキーパー。

朝、子供にはまた「魚ネーのかよ。」といわれ、OK負けです。

masaさん、西の情報ください。m(__)m
こっちは、厳しいです。

この記事へのトラックバック