私がジグヘッドを標準=2gにするわけ。

意外と、「メバリングの工夫」が好評で、皆さんから多くのコメントをいただきました。

この場をお借りして、お礼申し上げます。

さて、私が使用するジグヘッドの基準(標準)が2gである事は、前回の「メバリングの工夫」でもお伝えしましたが、
それまでは、1~1.5gを使用しておりました。

ただ、私のよく行くところは、海面からは5メートル位の高さがあり、且つキャスティングポジションには壁があり、
海面まではかなりの高低差があります。
いわゆる、堤防で海面というロケーションでない為、通常とは違う手法を考えなくてはならなかったというのが、
標準2gの理由です。
現に、通常の港であれば1~1.5gそれ以下も使います。
私の場合、どうしても飛距離を稼がなくては、思ったポイントへ送り込む事が困難であったからです。

イラストのように胸位の高さまで壁があり、また海面まで高低差がありますと、1~1.5gのジグヘッドでは、キャスティングしても一見飛んでいそうでも、着水はかなり手前となってしまいます。

画像

変なイラストですが、飛んだものは落ちるわけで、一見飛んでいても、着水は手前となってしまいます。

さらに、手前には数はいるがサイズが小さい魚も多く、数釣りをする分には楽しいのですが、ここ一発の大物が欲しいとなり、仮にいてもその前にちびっ子メバルが突いて食ってしまうとなってしまいがちです。

そのために、飛ばしウキ系を装着して、飛距離を稼いでいましたが、ライン上にジグヘッド以外のものが装着されますから、多少なりの違和感はぬぐいきれません。

そこで、私は単純にジグヘッドのウェイトを上げる方向に進みました。
そうする事により、飛距離も従来の倍のウェイトでキャストしますので、稼ぐ事も出来るようになりました。

また、比較的イイサイズは表層より中層~低層に居ることが多いように私は感じ、2gにする事により、早くリグを落とす事が出来て手返しよく探る事が出来たように感じます。

画像

2gで飛距離UP!自分的には、子メバルを避ける事が出来ると感じています。

ただ、デメリットも全く無いわけではありません。

ウェイトがありますから、水中で見てないので判りませんが、ウェイトによる本来のアクションが活かせない可能性もあるとは感じております。
ウェイトUPでスローリトリーブがあまり向いていないのではないかと感じてもおります。
もしかしたら、私のリーリングは通常より早い可能性があるように感じています。

メバリングの基本スピードは、スローリトリーブだと思います。
私のやる、フライフィッシングの言うところでの「ナチュラルドリフト」でしょうか?
より自然にエサのように流す・・・という事。

私が思うに、市販のワーム自体もライトリグ+スローリトリーブにより、本来のアクション=波動・テイルの動きなどが考えられているとすると、ワーム自体の100%の能力は生かしきれない可能性があるのではと思います。

まぁ、考えすぎと言われればそれまでですが、ウェイトを上げる事により本来の性能が損なわれるというのは、全く無い事では無いとは思いますが・・・。

その他として、タックルも飛距離に非常に影響する物です。
先日、ビギナーの同行者とメバリングしました。
ロッドは、クロスステージ。コレは問題なし。問題はラインです。
リールは、まぁワゴンリールでもいいと思いますが、ラインが恐ら2~3号くらいが巻かれていました。
やはり、全く飛びません。2gでも飛びません。
ロッドとラインとリグがアンバランスな為です。
そこで、私のリールを貸しました。ライン4ポンドフロロ。
ほぼ、釣りが成立するポイントまで届く事が可能になりました。

やはり、万能な物は無いわけで、ある程度この釣りにはこのようなバランスのタックルでとしないと、
全くと言っていいほどつりが成立しなくなってしまいます。

コレは、メバリングに限った事ではなく、全ての釣りにおいて言えることと思います。

まさか、投げ竿の33号クラスのショートロッドで、メバリングは出来ないでしょうから・・・。

恐らく、欲を出さなければ、コンパクトロッドで太いとでも釣れるでしょうが、あのアタリ・引きを存分に楽しむ事は難しいのではないでしょうか?

出来れば、メバルロッドもしくはトラウトロッドULクラス(→私も13年位前に始めてやったときはコレでした。)
リールは2000番位。
ラインはナイロンなら4ポンド。フロロなら3ポンド。(私はPEですが0.6号を使っています。)
私も一昨年までは、ナイロンを使っていました。なぜなら、安価だからです。
慣れないうちは、ライントラブルもありますし、フロロは慣れてからでもイイと私は思います。

このタックルであれば、十分メバルを楽しむ事が出来ると思いますよ。

ただ、コレはあくまでも私が思っていることであり、正しい事ではないこともありますし、全ての釣り場に当てはまるわけではないという事をご了承ください。

↓よろしかったら、ポチッとクリック!ランキング協力お願いします。
にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

この記事へのトラックバック